職業別の疲労回復方法

仕事で違う疲れ方

仕事によって疲れ方は違います。
SEにはSEなりの、事務仕事には事務仕事なりの、店員さんには店員さんなりの疲れがあります。
そんな職業別に疲労回復のポイントをまとめてみました。

SE、PC入力、会計などの事務仕事

ずっと椅子に座り続けてモニタ画面と向き合っているため、知らない間に疲労が溜まってしまうタイプです。
体を動かさない代わりに、筋肉が固くなったり、血行が悪くなり肩こりになったりする人がたくさんいます。
一日中モニタを見てキーボードをたたき続けているので、肩こりや頭痛、眼精疲労が起こりやすくなります。
座り続けている腰は腰痛や筋肉疲労を起こしやすくなっています。
疲労回復のためにはイスから立って歩いたり、ストレッチをして滞った血液循環を回復してあげることが必要です。
休憩時間に軽い体操をするだけで、疲労回復度合いは違ってきます。
休日にはフットサルや水泳、仕事の後にジョギングしたり、ジムで運動するなどのケアが効果的です。

大工、警察官、農業など体を使う仕事

体を良く動かしているため、疲労は筋肉系のものが主になります。
疲れを感じたらしっかり休むようにして下さい。
お昼に休憩を取ったり、夜にしっかり休むことで疲労は少しずつ回復していきます。
夜、お風呂にはいることも効果的です。
入浴は血行を良くし、疲労の回復を早めます。
休日には映画鑑賞や散歩をするなど、静かなリラックス法を取り入れましょう。

トラック運転手、タクシードライバー、営業などの運転を伴う仕事

車に毎日乗って長時間動き回るため、体がそうとう緊張しています。
事務仕事以上にコリや疲労が溜まっている可能性が高いので、休憩時間には車の外に出て運動やストレッチをするようにしましょう。
筋肉の緊張を緩めて血行を良くしないと、腰痛などの原因になります。
車に頼って、歩かなくなる人も多いため、休日はジョギングやランニングに勤しむなど、メリハリを付けた運動を行いましょう。

倉庫ピッキング、コンビニ・カラオケ店員など夜間の仕事

人間の肉体の生活リズムからはずれた生活になってしまうため、疲労回復が遅れる傾向にあります。
仕事柄、朝起きて夜寝るという規則正しい生活を送ることが難しいため、きちんと人工的に生活のリズムを作って、適切な睡眠時間を確保しましょう。
このタイプは生活リズムを崩すとなかなか立て直せないため、一度打ち出した生活パターンを守ることを心がけて下さい。
昼の仕事の方以上に、疲労回復を意識して行うことが必要です。

Copyright(c) 2013 天然生薬マカで疲労回復! All Rights Reserved.