ゆっくりお風呂でリラックス

お風呂は最高の疲労回復アイテム

疲労回復のためにはお風呂が一番の健康法だと言われています。
お風呂にゆったり入るリラックス効果は非常に高く、普通にお風呂にはいるだけでいくつもの効能が得られます。
以下に、お風呂の効能についてまとめてみました。

お風呂の効能

・皮膚の汚れや老廃物を落として新陳代謝を促す
・体を温めることによって血管を拡張し、全身の血行を良くする。
・腸や内臓の働きを活発にし、便秘を予防する。
・固くなった筋肉や関節をほぐし、動きをスムーズにする
・精神の緊張をほぐし、リラックスさせる

リラックス入浴の3ポイント

1.お風呂のお湯はぬるま湯にしましょう。

熱いお風呂を好む人がいますが、熱いお湯は体をしゃっきりさせるにはいいものの、疲労回復には逆効果です。
熱が体を緊張させて疲れさせてしまいます。
そのためリラックス目的の入浴では、お湯の温度は40度以下にしましょう。
ぬるま湯は副交感神経の働きを高めさせて、体をリラックスさせ、心地よい睡眠へと誘います。
夜の入浴は、ぬるま湯でゆっくりが鉄則です。

2.お風呂でストレッチ3.夕飯後、時間をおいて入る

お風呂にはいると胃腸の働きが弱まります。
これは消化吸収に必要な血液が、全身に回ってしまうからです。
そのため入浴は食後すぐは避け、少し時間をおいてからお風呂にはいるようにしましょう。

締めの水シャワーは身体に良い

お風呂に入った後に、冷水をかけるのも効果的です。
水風呂にまで入る必要はありませんが、軽く冷たい水を足にかけたり、シャワーで浴びたりしましょう。
水の刺激で体表の血管が収縮するため、湯冷めがしにくくなり、カラダの中に熱が閉じ込められます。
夜寝る前などは効果的です。

Copyright(c) 2013 天然生薬マカで疲労回復! All Rights Reserved.